2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

昨日の15日 娘が マー君を連れて 自分たちのアパートに 帰って行きました。

今日まで 旦那も夏休みなので 大丈夫かとは思いますが

明日から 日中自分ひとりで マー君を見る 

当たり前の事なんですが 新米ジージは 

ちょっと心配!

こんなこと 娘には 絶対に言わないんだけど。





今日は 朝から 家の中が シーンとしています。

何にもしない赤ちゃんなんだけど

居ると居ないでは 違うんだよね。

空気が!

今度会うときは どんなに変わっているんだろうな。



娘のアパートまでは 車で 10分位で 行けるんですけどね。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ

おきてがみ

↑ここをクリックしていただきますと 後ほど 訪問させていただきます。
関連記事

【かぁさんさんへ】
とても 近い場所に居るんですが
用も無いのに いけないのが 父親なんです。

3ヶ月居たら お父さんは 寂しかったでしょう。
そういうこと 口に出さないのが 昭和の親父です。
ちょっと カッコつけ過ぎですか。
【】
10分・・・近っ(ノ∀`)

ウチのじーじも、そんな感じだったのかな~ってチョット思いました。
産後3ヶ月実家に居たから・・・
帰る時は寂しかったんでしょうかね~。

【クメゼミ塾長さんへ】
本当に 先日までの にぎやかさが 嘘のようになってます。
近いんですけど 毎日のように行くのも・・・
来てくれれば 一番なんですけど
妻は なんだかんだと いけるんですけどね。
【】
祭の後の静けさですねえ(;~∧~;)ヾ
手に取るように分かりますよ(^~^)/
10分だったらいつでも会える距離ですね。
近すぎても遠すぎても…ですね。
【dariaさんへ】
家の中で 赤ちゃんの鳴き声などが
聞こえるのは 他人の子だと 気になりますが
我が孫の場合は 嬉しいのは どうしてでしょうね。

まあ 普通に 戻ったと言うことですので
時々来るであろう 孫を心待ちにしています。
【寂しい・・・?】
寂しいんですよね 去った後は
赤ちゃんがいるときは 奥様は大変だったとおもいますよ
それでも寂しいなあって思っているんじゃないでしょうか

赤ちゃんの泣き声とか 子どもの声とか 
そんなものが家の中にあふれているのは 幸せなことですからね
でも 車で10分ですか
またすぐ遊びに来ますよ

お疲れ様でした

【bibiさんへ】
いくら近くでも用も無いのに 会いに行くのも ね~!娘と私 似たもので 意地っ張りなんですよ。お互いに。
子供より 親の方が 離れるのがつらい !
そういう風に 思います。 
【petero k さんへ】
おっしゃるとおり 妻は ちょっと ホットした なんて言ってます。
やっぱり 男は 仕事してきて 孫の顔を見て 和むだけですからね。
毎日顔を見ていたのが 昨日 今日と2日間見ていません。
その内に 慣れるでしょう。!
【】
父親の気持ちですね♪
私の父も、きっと同じように思ったんだろうなぁ。

近くでも、やっぱり寂しいものですよね(^^)
【】
こんにちは。
タイトルの「帰っちゃった」・・・この一言がピオーネ親父さんの心中を物語っていますね。

孫は来て嬉し、帰って嬉しという言葉がありますが、これはきっと、おばあちゃん側の言葉でしょうね。
おじいちゃんにしてみれば、いつだって、孫は来て嬉し・・・なのではありませんか?

また会える日が待ち遠しいですね♪
【ipu-8 陽子さんへ】
本当に うそのように シーンとしています。
気を使って ちょっと疲れた部分も有りますが
さびしいですね。
時々遊びに 休みに 来るでしょうが
楽しみ待ってます。
【】
かわいくて,泣き声さえもBGMになっていたでしょうから,いないとしーんとしてしまいますよね。
赤ちゃんも意外と人の気配やガヤガヤした感じが心地よかったりするんですよ。
またすぐに会えるといいですね。
【ままちゃりさんへ】
会いに行けばいいんでしょうけど。
あんまり あんまりなのもね。
そのうちに来るでしょう。
でも 困った時は おかあさん!
なんだよね。
【わかります】
私にはまだ孫はいないけれど、気持ちはとてもよくわかります。うん。
この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ピオーネ親父

Author:ピオーネ親父
FC2ブログへようこそ!