2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

昨日 朝 5時に 家を出て 

JAの トマト部会の みんなと

山形の丸勘市場に トマトを見に。

そして その後 庄内地方に 

トマトの圃場を視察に行きました。
トマト8-22-1
ハウスの土に直接植えるんでなく

トマト8-22-2
こういう感じに 

養液栽培。
トマト8-22-3
一日15回くらい 15分づつポッタン ポッタンと 液肥が 

チューブから落ちるそうです。

研修の後 ちょうどお昼になったので

酒田の 海鮮市場に 
海鮮市場8-22
2回の食堂は 階段の下まで 待ちの行列が 

しょうがない 近くのしがない(ゴメン)食堂で 昼飯。

そこからは 一路 東根へ!

途中 トイレ休憩は 最上川の 近くの ドライブイン。
船下り8-22
ちょうど 船下りが 

先日 天竜川で 事故があったばかりなので

救命胴衣着けてないんだ~ 

なんて 勝手なこと言ってました。
白糸の滝8-22
いつもは もっと もっと 細~い 糸のような 滝が

結構 水量が 有りましたね。

夕方 4時には JAに 着きました。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ

おきてがみ

↑ここをクリックしていただきますと 後ほど 訪問させていただきます。
関連記事

【あかちんさんへ】
ふんふん!
ゼリー いいかも。
実際に 袋の中は 土だけでなく
ヤシガラや その他色んな資材ですからね。
【海のいるかさんへ】
完全水耕栽培ではなく
溶液をドリップで これは 施設費もあまりかからず
いい栽培法かと 思いました。

朝早くからで ちょっと疲れたかな?
【】
こんばんは。
そのうち土ではなくて
ミネラル詰まったゼリーで育てるかもしれないですね。
進化してますね。
【】
養液栽培なんて方法があるんですね。
なるほどーと思ってしまいました。
研修お疲れ様でした(*^_^*)
【あねごさんへ】
そういえば 今 冬なんですよね。
冬でも 雪は 降らないって言ってましたので
ポリバケツでも 大丈夫なんでしょうね。

白糸の滝 昔は 凄く混んでましたけど
今は あまり人居ませんでした。
トイレ休憩に止まって 出店のような場所で
何かしら食べるのが 楽しみです。
【がらすやさん】
そうですね。
こういった栽培方法 これから 増えてくるかも知れませんね。
普通に 美味しかったです。

もう 山形のピオーネも スーパーに並んでいますが
我が家 もっともっと 味が乗ってから 発送しています。
毎年 お客さんには 遅いと 思われていますが
美味しさの乗った 9月の中旬くらいから 発送しているんですよ。
申し訳ありませんが もう少しお待ちください。
 
【】
いろんな栽培方法があるんですね~
私も少し早いけど、一株だけ畑に植えて、
上からポリバケツをのせて、夜の寒さから守っています(笑)

白糸の滝ドライブインですかぁー?
以外にここの食堂、お気に入りです(笑)
【】
いろんな栽培方法が有るんですねー
甘さはどうなんでしょうか?

ところでピオーネはまだでしょうか
スーパーにはもう並んでいますが

山形には美味しい果物が多いですよね
楽しみにしておりマース
【れぃんさんへ】
こんな栽培方法 やってるところ 結構有るはずです。
土壌病害ないのは 嬉しいと 言ってました。
生産の安定には なりますね。

そうですね。私も直ぐに最上川の船くだり 思い出しました。
会社の方針なのか 次の船は 着けていました。
なんか 有ったら 大変ですよね。
【ボス。さんへ】
こんな感じで 作ってみたいと 思いました。
環境を調節できるので 反収上がるかも。
【紅葉さんへ】
トマトの味は 変わらないはずです。
1個食べてみましたが 普通でした。

本当 あの事故の後なので 着けていると思ったんですが
次に来た船は 全員着けてました。

会社によって 違うんでしょうかね。
【mamanさんへ】
やっぱり 自分のうちで作った トマト 
ぜったいに 美味しいですよね。
孫さん トマト好きになる筈です。

ちょっと 油断すると 草が・・・ですね。

イチゴも たいてい こんな感じで 作っていますね。
イチゴは ベッドを高くしますが。
【TORUさんへ】
実は このポットは そのまま使うんだそうです。
減った土だけ 足すんだそうです。

養液を かける機械が高いので 家庭菜園では 無理ですね。
連作を避けるために 畑を変えるのが 賢明ですよね。
【美雨さんへ】
土壌病害の心配が無いので 木が途中で 青枯れになることは 無いそうです。
味は 同じだと言ってました。
水の管理も 自動でですが
自分の好みで 調整できますから。

この船のあと もう1艘来たんですが
その船は 救命胴衣みんな着けていました。
【太巻きおばばさんへ】
ハウスにしても 汚染は変わりないと思いますが
土壌が汚染の場合は こういう栽培 効果有るかも。
私も あまり細かい事 気にしませんけど。
今の政府の対応が 全然ですから。
そのほうが 問題ありますね。

近くにいても 最上川の船くだり やった事ないんです。
妻が 気持ちがいい~。
と言ってました。
【】
こんにちわ~
トマトのあたらしい栽培方法ですね^^
そうですね、土だけに限られたことではないのですね
このようですと、次の年の連作障害なども関係なくなります
天候不順が予想を超えてますので、
こういう栽培方法も生産の安定に繋がるかもしれませんね♪

この前の転覆事故ではすぐに最上川を思いだしました
それなのに、、まだ救命胴衣は着けていないのでしょうか。。
ぜひともお願いしたいです
【こんにちは。】
凄いっ!!!
養液栽培トマトなんだ v-17v-219
【ピオーネ親父さん おはようございます。】
トマトの養液栽培って初めて知ったんですけど・・・
トマトの味は?美味しいのかしら

川下り気持ちよさそうだけど救命胴衣着ないんですね~
事故があったばかりなのに・・・

以前川下りじゃないけど島根や山口で小さな観光船に乗ったけど
船頭さんに救命胴衣着るように言われたんだけど・・・
地方によって違うんですね~
【】
今年トマト植えたんですよ
孫っちが房生りになったミニトマトを喜んで食べてくれ、
 嬉しかったです
今は草に覆われて・・・・・畑じゃないけど


並んでる根元からは想像もできないくらい大きく成長して、
 たくさん生ってますね
養液栽培って、イチゴ狩りの苺もそうなのかな?
【】
トマトのこのポットごと入れ替えるんですね、次の年は。連作障害が出にくいんでしょうね。茄子の栽培ではどうなんでしょうか。
家庭菜園レベルなら場所を春作秋作で場所を作目をかえていましたが、、、。
【】
トマトの養液栽培って初めて知りました。
これなら管理もしやすそうですね。
味はどうなのかしら。
均一なトマトができそうな気がしますが・・・
川下りを見ると救命胴衣の必要性を痛感しますね。
【】
トマトの栽培、これから役に立つかも。
汚染野菜の心配が無いから。
私は食べちゃいますが。
汚染野菜だろうが、何だろうが国でやった事。
防ぎようが有りません。

川下り、気持ち良さそうですが、
見てても、ちょっとドキドキしました。
この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ピオーネ親父

Author:ピオーネ親父
FC2ブログへようこそ!