2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

28日 お昼は 小浜島で !

食事の写真は 撮ってなかったんですね。

団体のツアーと 一緒に回ってたので 忙しかったんですよ。

で 船で 竹富島へ
sangosyou2-28.jpg
最初に グラスボートで 海底の 

サンゴ礁見学。

写真には 写ってませんが ニモ の姿も。

熱帯魚のような カラフルな魚も 泳いでいて

あっ グラスボートって 底が ガラスの 船で

海底が 見えるようになってる船です。

私は 知りませんでした。
hosinosuna2-28.jpg
その後 星の砂の 海岸へ。

一応 星の砂 探しましたが 持って来ませんでした。

若いお嬢さんだったら キャー 素敵~!

なんて 持ち帰るんでしょうが 老夫婦は 要らない!

で スルー。
taketomi2-28.jpg
竹富島の 集落の見学

屋根の上の シーサーが いい味出してます。
nagominotou2-28.jpg
これは なごみの塔 という とてつもない

急な階段を 昇った 見晴台の上から パチリ!

塔の上に 居たら 和むんでしょうが 

途中は ハラハラ・ドキドキでした。
taketomizima2-28.jpg
こんな町並み いいですね~。

もっと ゆっくり 廻りたかった。

なごみの塔に 登る時間も含めて 10っ分!

走って 見ましたよ。
DSC_0129.jpg
で 石垣島に帰って 

天気がいいので 今日は 夕日が綺麗ですよ~。

の言葉で 港のそばで 夕日見物。

太陽が 沈む時間 6時半。

我が家だったら 今の時期 5時半に 沈みますので

1時間の 時差。
DSC_0138.jpg

今晩も 夕食は 近くの 郷土料理の お店。

二人が 一番美味しいと 思ったラフティー。

前に 取り寄せで 食べたこと有ったんですが

美味しく有りませんでした。

やっぱり 地元で 食べると 美味しいんですね。

妻は 今回の旅行で 一番美味しかったなんて 言ってました。

はい。 あとは ホテルに帰って おヤスミしました。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
おきてがみ

↑ここをクリックしていただきますと 後ほど 訪問させていただきます。
関連記事

【カワイさんへ】
こんばんは。

私も 若いころ お土産で 貰ったこと有りました。
もっと 若くて カップルで行ったら
一生懸命 拾ってくるんでしょうが
この年ではね。

ラフティー 美味しかったですね。
地元で 食べるのが 最高!
【】
竹富島の星の砂…子供の頃、お土産でもらいました。
夢が膨らむ一品ですね。

豚バラもおいしそうです。
【kyoroさんへ】
こんにちは。

やっぱり 地元の料理 地元で
食べるのが 一番美味しいですね。
泡盛飲める人 いいな~。
下戸の私は 毎日 居酒屋で 食事だけでした。
【こんにちは】
沖縄で食べる沖縄料理が一番ですね
ラフテーで、きゅっと冷えた泡盛を・・・
考えただけで流涎ものです
【ノリーダヨさんへ】
おはようございます。

本当に 団体のツアーは 忙しいですね。
自分たちで のんびり 4島巡り できたら
一日では 無理でしょうね。

竹富島 一日ゆっくり巡りたかったです。
お店なども 見ながらだったら もっと 満喫できたかも。

また 行きたいな~~。
【Hさんへ】
おはようございます。

こちらこそ 何時もありがとうございます。
本島も 行ってみたいですね。

こちらこそ これからも よろしくお願い致します。
【おはようございます】
のんびり時間が過ぎ去っていく 沖縄の離島...なのに!
あわただしい 島巡りだねぇ(笑)
竹富島の熱帯魚に、赤瓦、石灰岩が積まれた石垣、
珊瑚砂が敷き詰められた街路 街並みが綺麗だよね!
また行ってみたいなぁ...石垣島の夕日もいいねぇ! 
【おはようございます。】
おはようございます。
足あと、ありがとうございます。

沖縄の離島は美しいですね。

今後はアート関連も取り扱っていこうと
思いますので、よろしければまた、お立ち寄り下さい。

音楽と本と猫と沖縄で遊ぶ
http://ledzep777.blog.fc2.com/
管理人 H
【れぃんさんへ】
こんばんは。

綺麗な海見ると それだけで 感動です。
常に 山しか見てないので 海へのあこがれ 
強いですよね。 同じです。

ここだけの話ですが 顔は優しそうに見えますが・・・
楽しんで 貰えれば 嬉しいです。
もう少し 書きますので お付き合い下さい。
【ジュリアルーシュさんへ】
根が 道楽者なんで の~んびり してました。

そう そう 時間が ゆったりと 流れてました。
人々も ゆっくりな感じでしたが
観光案内の人だけは 忙しく セワセワしてました。
【petero kさんへ】
こんばんは。

最初 グラスボートって 意味わからないんでした
乗って あぁ 底が見えるのか~。
そんな感じで 乗ったんですが 良かったですね。
引き潮で ちょっと 水が 濁ってましたが
それでも サンゴ礁 魚 綺麗に見えました。
こんな 綺麗な 夕日 なかなか 見れませんので
ずっと その場で 見ていましたよ。
【トマトの夢3さんへ】
こんな 夕日見たら ボケーッとしてしまいます。
ずっと 見てました。

竹富島 小さな島ですが 本当に 南の島!
って 感じで 最高でした。
【おっちゃんさんへ】
はい。
南の島 楽しんで きました。
続き 読んで下さいね。

沖縄本島は 行ったこと 無いんですが
今回は 離島! と 決めました。

より 南国らしいと思います。
【まり姫さんへ】
こんばんは。

海の色 本当に綺麗で それだけ見てても 
心 穏やかになりました。
冬の日本海 海の色 鉛色!
その差は 凄いものが 有りますね。

本島は やっぱり 飛行機とか ウルサイでしょうね。
石垣周辺は 観光客以外 人も余り居ませんので
静かな 島でした。
やっぱり 離島は いいと思いました。
【かわのえさんへ】
こんばんは。

綺麗な 夕日で ずっと 見ていました。
これだけで 心 洗われました。

ラフティー 豚の角煮ですが 美味しかったです。
なかなか 本場のは 食べられませんのでね。

海の中も 綺麗で 歓声が上がってました。
【moris36さんへ】
こんばんは。

ありがとうございます。
このような 写真で 気に入っていただけて 恐縮です。

リンク ありがとうございます。
私も 早速リンクさせて頂きました。
これからも よろしくお願い致します。
【太巻きおばばさんへ】
こんばんは。

本当に 素敵でした。
私達が 知らないいい所 沢山有りますね。

私も 雪国から 行って 夢の島でした。
命の選択させて 貰いました。

機会が有ったら 是非 訪れてみて下さい。
【がらすやさんへ】
こんばんは。

そうですね。妻には 内緒!!
こんな 雪国から 行って 異次元のような 場所。
旅 満喫しました。
もう こんな 贅沢 できないだろうな。
【】
こんにちわ♪
ほんとに美しい海ですね~
グラスボート 感激しますね
私も海には縁のないところに育って、それでなくても海には憧れがあったのに 
沖縄の海には天国にいるようでした( *^^)(*^^*)ッ!
あれ、たとえがヘンデスね(;^_^A ・・・
お優しそうな奥さまと とても素敵なショットですね♪
お話とてもたのしくお聞きしています
m(^^)m
【】
のんびりできそうで、いいなぁ。
時間もゆっくり流れているんでしょうね。
【】
ピオーネ親父さん、こんばんは。
グラスボートって、初めて聞きましたが、
海の底を眺められるなんて、いいですね。
澄み切った海ならでは、ですね。
夕陽がきれい!
こちらでは、山に沈む夕陽しか見たことがないので、
海に沈む夕陽に憧れます。 雄大な風景ですね~
【】
美しい夕日ですね
海にも染まって素敵です!
竹富島の集落 和みますね☆
【】
ピオーネ親父さん、
  南の島を楽しんでいますね!
    続を楽しみにしていますよ。

私は沖縄本島しか行ったことが有りませんので、
  新鮮さが倍増です。
【】
ピオーネ親父さんこんにちは~♪
海の色がキレイだったでしょうね~
家並も沖縄独特の高い塀がいいです。
学生時代に沖縄本島で星の砂の海岸でキャーキャー騒いで探したのを思い出しました(^^;
嘉手納基地から飛び立つ戦闘機の騒音で素敵な思い出が壊されたことが忘れられません。
【】
こんにちは!

夕日いい眺めです。
ラフティーて聞いたことが無かったので調べてみたら郷土料理の角煮だったのですね、知りませんでした。
海の中も素敵だったのでしょうね!
【】
南国の綺麗な写真でこころが洗われました
もしよろしかったら相互リンクしていただけませんか?

勝手ながらリンクさせて頂きました
【】
素敵ですねぇ南の島。
日本に良い所が沢山有るんですよね。
こうして見て、次回の帰国の参考にしたいです。
時間が有るかどうか分かりませんが、
寒い国、ドイツで見てると夢の島です。

良いなぁ、ピオーネさん。
【】
さんご礁にニモに星の砂の海岸
まだまだ老夫婦じゃありませんよ
ピオーネさん!!奥様に怒られますよ!!
シーサーに石を積み上げた垣根
良いな良いな~~
石垣島ツァー楽しんでいますね
この記事へコメントする















04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ピオーネ親父

Author:ピオーネ親父
FC2ブログへようこそ!